ブラックビューティー/LB416Tの感想と特徴は?チューブラグが特徴的

ドラマーなら誰でも一度はあこがれたことがあるであろうラディックのブラックビューティー。

抜けの良いサウンドやが特徴的なスネアドラムだ。
そのため、タイト目な音を探している人には向かないが、オープンサウンドなスネアを探しているのならピッタリ。

現行のブラックビューティーは複数あるが今回はチューブラグが特徴的な型「LB416T」を紹介していくぞ。

ブラックビューティー/LB416Tのスペック

※表がはみ出る場合は横にスクロール可能

価格 72500円~
メーカー LUDWIG
( ラディック )
シェル ブラスシェル
シリーズ ブラックビューティー
口径 14"x5"
音質 抜けがよく広がりのある
特徴 チューブラグ

LB416Tを試聴

LB416Tの感想

結構胴が浅い

まずこのスネアのサイズは14×5ということは忘れないように。

その見た目と名前からして14×6.5のイメージが沸きますが14×5。
比較的浅めの胴でオープンな鳴りを兼ね備えている。

それに加えてメタルシェルの中でもオープンなサウンドを奏でるブラスシェルが採用されている。

つまりどちらかといえばポップよりのジャンルに向いているという事。

それに加えこのオープンな鳴りを実現しているのはチューブラグにある。

チューブラグでブラス本来の鳴り

通常、スネアのラグはピタッとくっついているため、本来の胴鳴りが抑えられている。

しかしLB416Tの場合はチューブラグが採用されていて、限りなくラグと胴の接地面が少なくなっているんだ。

たとえば、音の響き(振動)って手で押さえるとすぐおさまってしまうだろ?
これをスネアに置き換えると、胴との接地面が多い通常のラグだ。

逆に振動でなっているときに手で押さえる接地面を少なくしたらどうだろうか?
答えは「長くよく鳴る」だ。答え方は色々あると思うがいずれもこんな感じだ。
これがチューブラグ。

胴の鳴りを抑える部分が限りなく少ないから、ブラスの鳴りを最大限に引き出してくれる。

そんなスネアがLB416Tなんだ。

ブラスシェル+浅胴+チューブによって抜けの良いサウンドが奏でられるという事になる。
(14×5で浅胴といってイイのかはわからないが…。)

LB416Tのカスタマイズの例

鳴りを抑えたいならボルトタイト

オープンな鳴りが特徴のLB416Tだが、場合によっちゃ、鳴りすぎということもあり得る。

とくにスネア音を選ぶ曲の時にこのスネアは使えないな・・・。なんて言うこともざらにある。

そんな時はボルトタイトを使ってみてくれ。

ボルトタイトで鳴りを少し抑えることができるから、LB416Tの良いところは残しつつ曲調にスネア音を合わせることができる。

雷電湯澤使用の42本スナッピー

雷電湯澤使用にするならスナッピーを42本に変えてみるといい。

オープンなサウンドに加えよりスネアの鳴りを強調できるようになる。

また、スナッピーを42本に変えるだけでゴーストノートの以前とは比べ物にならないくらいやりやすくなる。

個性と個性がぶつかり合うスネアを求めているなら、ボルトタイトは使わずスナッピーを42本に変更すると良いだろう。

つまり、ボルトタイトは鳴りすぎを抑えより平均的に。
42本線のスナッピーに変更するとさらに尖ったバランスにできるという事だ。

ヘッドの変更でもOK

鳴りを抑えるのは何もボルトタイトだけではない。

スネアヘッドでも調整できる。

たとえばREMOのコントロールサウンド(CS)に変えてみるだけでも、オープンな鳴りから少しだけタイトにカスタマイズできる。

センタードットがついているとアタック音が強調されるようになるから、「強さ」自体はキープできる。

いきなりCS-114BX エンペラーXとかにしてしまうと、イメージとは違う詰まったような音になってしまうかもしれない。

つまりブラスシェルとチューブラグのメリットを相殺してしまうかもしれないという事だ。
もちろんタイト目にするボルトタイトにも同じことがいえるが。

変更するなら「REMO CS-114BA」くらいから始めたほうが無難だ。

 

LB416Tの口コミ

dansei10 ブラックビューティー/LB416Tの感想と特徴は?チューブラグが特徴的
たいたい
ドラム歴は10年です。

この方の評価

  • (品質)
  • (拡張性)
  • (音量)
  • (コスパ)
  • (オススメ度)

購入の動機

ビンテージコーナーに鎮座していたこの名器。
一度試奏し、その素晴らしいサウンドを聴き、即座に購入を決めてしまいました。

レコーディング映えする

ラディックならではの個性的な音がします。ブラス製のシェルで音量もありますが、決して耳に痛い音ではなく、雑味の無い暖かい音です。

叩いていて、もっともっと叩き続けたくなる、そんなポジティブな気持ちにさせてくれるこのスネアは、名器と言わせるだけのポテンシャルを実感するでしょう。

レコーディングにも是非利用してみて下さい!

このアイテムにおすすめのジャンル

ポップスやロックには良くマッチするでしょう。レコーディングにも個性を出すならオススメです!

注意点

この70年代のブラックビューティーはスナッピーが、特殊な作りになっているので、現行の14インチのスネアケースには収まりません。

ソフトケースを購入して収まるようにケースを改造する必要があるので要注意です。

 

LB416Tのまとめ

LB416Tは簡単に言えばスネア本来の鳴りを表現できる逸品。

その自然な鳴りは自分次第でどのようにも変化させていくことができる。

イメージとしては色々音を追加していく加点方式というよりは、鳴りを抑えていくようにカスタマイズする「減点方式」のほうがイメージしやすいのかもしれない。

あまりに減点しすぎるとLB416Tスネア本来の鳴りというメリットを相殺してしまうかもしれないから、気を付けてくれ。

ちょっと尖っていて玄人向けのスネア。
始めて購入するとなれば「思い切った決断」とまで言えてしまうレベルかもしれない。

初めてスネアを購入するなら無難なスネアがおすすめだ

このあたりから検討してみるとと良いかもしれない。

おすすめの記事