ラディック/LM404 アクロライトの口コミとレビュー!良い意味での軽さが売り

ラディック/LM404 アクロライトの口コミを投稿してもらった。
早速だがレビューを紹介していく。

管理人の感想としてはちょっと薄めの胴でポップより。非常にまとまりのある音色が特徴だと思っている。

だから大音量で爆音重視のバンドには向かない。

しかし、まとまり性のある音を重視するバンドや、「いつもスネアの音が散らかっている人」にならば非常にオススメできるといえる。

ラディック/LM404 アクロライトシリーズのスペック

※表がはみ出る場合は横にスクロール可能

価格 38800円~
概要 アルミシェル
シリーズ アクロライト
サイズ 14"x5"
仕上げ シルバー・フィニッシュ
音質 散らからない。
まとまりのある音

 

ラディック/LM404 アクロライトシリーズは「音質重視」の人にピッタリ

dansei8 ラディック/LM404 アクロライトの口コミとレビュー!良い意味での軽さが売り
がいる
ドラム歴は15年です。

この方の評価

  • (品質)
  • (拡張性)
  • (音量)
  • (耐久性)
  • (コスパ)
  • (オススメ度)

ラディック/LM404の特徴

アルミのシェルなので軽く、非常にまとまっています。

良い意味で「日本人好み」なスネアで、ガンガン攻めたい方にはあまりオススメはしません。ですがハードロック以外だったら比較的オールラウンダーで、使い勝手の良いスネアです。チューニングもし易く、スティールやブラスといった他のメタルシェルよりも素直です。一度そのマイルドなサウンドを覚えたら、結構ヘビーローテーションで使うんじゃないかなぁと思います 。

ラディック/LM404が使えそうな場面

極端な例は置いといて、今時の日本の音楽シーンを見てみると、そんなにスネアの音量って求められないと思うんです。

例えばスタジアムでやるライブって昔に比べたら少なくなっているし、たまにやっててもアイドルのライブで生楽器じゃなかったり。
そうなってくると音量よりも音色や音質が求められてきます。

そこでオススメしたいのが、この「ラディック:LM404」通称「アクロライト」です。

アクロライトシリーズにおすすめのジャンル

よくボサノバが合うと言われるこのアクロライト。確かにクローズドリムが心地良く、ボサノバにはピッタリです。つまりこのスネアは軽やかさが持ち味です。
なのでアコースティックなバンド、小編成のバンド、ストリートミュージシャンにもオススメです。

また、大編成でも各パートのバランスが収集つかない時、コレぐらいのスネアの方が良い時もあります。

ラディック/LM404 アクロライトのまとめ

正直ラディック特有の爆音を求めるなら「LM404 アクロライト」はオススメできない。

しかし今やっているバンドのジャンルがポップよりであるならこのLM404 アクロライトシリーズはオススメできる。

愛用メーカーがラディック、そして今やっているジャンルがポップよりであるというジレンマを解消しくれるのがこの「LM404 アクロライト」なんだ。

アルミシェルだからいい意味で軽い音を表現できる。

おすすめの記事