今月のイチオシ!!
Ludwig /LM400のレビューと評価!10テンションだからまとまった音を出しやすい

今日紹介するのはLudwig のLM400っていう定番中の定番スネアだ。

メタルスネアを初めて購入するなら、まず1番初めにこいつに手をつけておけば間違いないと言うほどの代物。

とにかく爆音。
だがしかし、Ludwig /LM400は10テンションだから8テンションのスネアよりも引き締まる音をしっかりと出すことができる。

裏を返せばチューニングが苦手でスネアの音暴れさせがちなやつも、「Ludwig /LM400」を使っておけば爆音を出しつつ、まとまった音を奏でることができるんだ。
今日はこのスネアのレビューをもらったから紹介していく。

 

Ludwig /LM400のスペック

※表がはみ出る場合は横にスクロール可能

価格 43800円~
概要 アルミ+クロームメッキ処理のシェル
シリーズ SUPRAPHONIC
(スープラフォニック)
サイズ 14"x5"
仕上げ ラディアロイ
種類 LM400/T/K/KT
音質 まとまりつつも爆音

 

LM400を検索

 

Ludwig /LM400の種類

LM400といっても色々な仕様がある。スタンダードなLM400に様々な機能を追加したものがLM400○○という形で販売されいている。

LM400

これがLM400の標準的なモデル。

LM400T

400tube Ludwig /LM400のレビューと評価!10テンションだからまとまった音を出しやすい

LM400にTが付いた品番だ。
これはLM400を基準にチューブラグ使用になっているモデルだ。

チューブラグとは簡単に言えば、胴の部分にあるラグの接地面が限りなく少なくなっているラグのことで、胴の振動を妨げないことにより、最大限に胴鳴りを生かせるラグのことだ。

LM400より、さらにオープンな鳴りを求めるときにおすすめのモデルだ。

LM400K

400tube Ludwig /LM400のレビューと評価!10テンションだからまとまった音を出しやすい

品番に「-K」が追加されているモデル。

これは胴の仕上げがハンマードになっているモデル。

ハンマード仕上げだから何なんだ?と思うかもしれないが、ハンマード仕上げとは、その名の通りハンマー叩いて胴の表面をデコボコとさせた仕上げとなっている。

肝心のハンマード効果といえば、通常のスネアよりも立体感が増すという事。
デコボコとしたスネアの胴が共鳴することで音を拡散し、まとまり感が強くなる。

結果的に、輪郭のはっきりした音になるのがハンマード仕上げだ。

400tube Ludwig /LM400のレビューと評価!10テンションだからまとまった音を出しやすい
河村
それにデコボコした見た目もカッコいい。

LM400KT

400tube Ludwig /LM400のレビューと評価!10テンションだからまとまった音を出しやすい

LM400KTはLM400に上記で説明した「K=ハンマード仕上げ」と「T=チューブラグ」を足したモデルだ。

その音はもちろん上記の特徴を足したようなものになっていて、チューブラグならではのオープンな胴鳴り、ハンマード仕上げによる音のまとまりを兼ね備えたモデルになっている。

その他のLudwigスネア

  • LM402】・・・LM400より胴が深くなったモデル
  • LM404】・・・アルミシェル仕様。LM400とはまた違ったモデル。
  • LB416T】・・・:通称ブラックビューティー。ブラスシェルとチューブラグで激しい胴鳴り。

 

Ludwig /LM400の口コミ

400tube Ludwig /LM400のレビューと評価!10テンションだからまとまった音を出しやすい
春日井
ドラム歴は15年です。 Ludwig /LM400は一家に一台(笑)

この方の評価

  • (品質)
  • (拡張性)
  • (音量)
  • (耐久性)
  • (コスパ)
  • (オススメ度)
口コミの詳細

まさにメタルスネアのお手本

一家に一台。と言っていいほどオールマイティなスネアです。

私がこのスネアに出会ったのはドラムを初めてしばらくしてからでした。
「もっと早くに出会っていればこのスネアだけでもよかったかも。」というくらいなんでも屋です。

癖のなく鋭い切れのある音に、メタルシェルのお手本のような音色、チューニングのしやすさ上げたらきりがないくらい特徴があります。
初めてスネアを購入するという方がいるのならば、私はこのスネアをまずオススメします。
(ウッドスネアが欲しいと言う場合は別ですが汗)

ライブでもレコーディングでも野外でもどんなシチュエーションでも輝きます。

どんなジャンルにも合いますが、私はロック系の曲に使ってあげています。
切れのあるサウンドは叩いていて本当に気持ちいです。

 

Ludwig /LM400はチューニングが苦手なやつにおすすめできるスネアだ!

どれだけスネアのチューニングに時間をかけてもうまく綺麗な音を出すことができない。

もちろんチューニングというのはやればやるほどうまくなっていくものだが、残念ながらセンスというものは存在する。
だからどれだけ時間をかけてもなかなかうまくできないやつもいるだろう。

スネアチューニングがうまくできないと音抜けが悪くなったり、スネアの音が散らかったりする。

そんな時に Ludwig /LM400のスネアはおすすめ。
テンションが8ではなく、10あるからしっかりとまとまった音を出すことができるからだ。

スネアのチューニングはうまくできないけれど、自分のスネアを持ち込みたい。
でもスネアチューニングがうまくいってないもんだからライブハウスのPA んに何だか見下されている気がする…。というやつにおすすめのスネアなんだ!(筆者の体験談笑)

価格は安いけど一生のパートナーにもなるぞ!

Ludwig /LM400は5万円以下で購入できる。
50000円以下だからといって侮ってはいけない。

いい意味で「丸く」扱いやすいスネアだから、自分のチューニング次第では一生ものになるポテンシャルを秘めているスネアだ。

むしろ、価格も5万円以下で一生使えるスネアは Ludwig /LM400だけではなかろうか?

どんなスネアを買えばいいかわからないなんて方は、一度LM400を試打しに言ってみると言い。その扱いやすさに驚愕するはずだ。

LM400を検索

サウンドハウスはなぜこれほどまでに安いのか?
サウンドハウスのドラムが激安すぎておすすめ!こんなに安いのはなぜ?

amazonやヤフーショッピング、その他の大手通販サイトとは比べ物にならないほど安くドラムが手に入るサウンドハウス

数万円違うことも珍しくない。それに加え還元ポイントも付与される。

今回はサウンドハウスの安さの秘密について徹底的に紐解いてみた。誰でも納得できる結果になってるはずだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事