今月のイチオシ!!
DW/ジャズシリーズの特徴と感想、口コミをご紹介!細かな調整ができる逸品だ

DW/ジャズシリーズとはその名前の通りJAZZプレイヤーにバッチリ合うのはもちろんのこと、それ以外のジャンルにも確実にマッチする。

この記事ではDW/ジャズシリーズスネアの魅力と特徴について解説していこうと思う。

DW/ジャズシリーズのスペック

※表がはみ出る場合は横にスクロール可能

価格 57800円~
メーカー DW
シリーズ ジャズシリーズ
品番 JM1405
シェル ウッドシェル
ゴムの木ブレンド
口径 14"x5"
音質 豊かな中音域
特徴 独自の調整機能

 

ジャズシリーズを検索

DW/ジャズシリーズの特徴

シェル

このジャズシリーズの特徴はシェルにある。

ジャズシリーズのシェルの材質には

  • メイプル
  • マホガニー
  • チェリー

が使われている。

そしてジャズシリーズの最大の特徴はそれぞれのシェルの素材に加えガムの木を加えている事にある。

たとえばメイプルの出てきているジャズシリーズのスネアの場合メイプルに加えガムの木の素材がブレンドされている事になる。
もちろんマホガニーの場合のジャズシリーズもガムの木がブレンドされている事になる。

ガムの木をシェルにブレンドする事により、もともとの素材に加え、中音域をさらにふくよかにする事に成功している。
またそれらの胴の特徴からによりより素早いレスポンスを可能としている。

ガムの木をを加えているシェルこそ、ジャズシリーズの特徴だ。

トゥルーピッチテンションロッド

トゥルーピッチテンションロッドとは、通常のテンションロッドよりもさらに細かくチューニングをする事ができるものだ。

トゥルーピッチテンションロッドを採用する事により、ネジの溝が通常のテンションロッドよりもさらに細かくなっているため、より細かな調整ができるようになっている。

たとえば、ネジが10周しか回らないテンションロッドよりも、20周回るテンションロッドの方が、より自分の意図した位置でチューニングを調整できるのは容易に想像できるだろう。

このようにより細かく調整できるようになっているのが D W ジャズシリーズに採用されているトゥルーピッチテンションロッドなんだ。

スナッピー調整

ジャズシリーズには、スナッピーの調整にも DW 独特の調整を方法が盛り込まれている。

通常スナッピーの調整は、クルクルと回してはい、終了。という流れだが、ジャズシリーズのスナッピー調整はそれだけで終わらない。

それに加え、3段階のレバー調整が可能なため、瞬時にスナッピーのチューニングをも変更する事が可能だ。

たとえば現在のスナッピーのチューニングが+5だったとしよう。
これを+10にするには、スナッピーの調節部分をクルクルと回さないといけない。
しかしジャズシリーズの場合は3段階のレバー調節がある。

レバーが真ん中にあればそのまま+5。
左に倒せば0。
右に倒せば+10。
と、ジャズシリーズならばすぐに変更する事が可能だ。
簡単に説明するとこんな感じだ。

ちなみにこの DW 独自の3段階のレバーシステムの事をスリーポジション・バットプレートと呼ぶ。

フープ

重量があるフープは大きなアタック感を表現する事ができる。

ジャズシリーズは、そのアタック感を得ることができる重量のあるトゥルーフープ採用を標準搭載している。

だからジャズだけではなくロックなどのジャンルにも問題なく使用する事が可能だ。

 

DW/ジャズシリーズの口コミ

チューニングの幅が広い

dansei1 DW/ジャズシリーズの特徴と感想、口コミをご紹介!細かな調整ができる逸品だ
kz
ドラム歴は6年です。

この方の評価

  • (品質)
  • (音量)
  • (耐久性)
  • (コスパ)
  • (オススメ度)

コンピングやゴーストノートなどの細かい音がきれいにでる。
またJazzという名前がついているがJazzに特化したスネアではなく Jazzからロックまで幅広く使いこなせる。

どんなジャンルでも自分のチューニング次第で対応可能なスネアドラムです。

ジャズとファンクにおすすめ

基本的にJazzからロックまで幅広く使えるが、個人的なおすすめはJazzとFunkである。
Jazzの場合コンピングがはっきりときれいに、リムショットでのアクセントもスカッと抜群に気持ちいい音がでる。
Funkの場合、ピッチを上げるとFunkにぴったりな高音の綺麗な音がでる。ここでもゴーストノートの細かい音をしっかりと拾ってくれる。
ロック、popsにももちろん使えるが、Jazz、Funk、Bluesなど様々ルーツミュージックを演奏する人にオススメである。

上記でも話したが、FunkやJazzを演奏する場合、ピッチを上げるとゴーストノートなど細かい音からリムショットまできれいに理想通りの音がでる。

ルーツミュージックを多様する形で1台目を探している人、マルチな1台として欲しい人に最高なスネアです。
ぜひ実際に叩いてみてください。

DW/ジャズシリーズのまとめ

ジャズシリーズは曲の雰囲気が大切となるジャズのために設計されたスネアドラム。
この細かく調整できる仕様はジャズプレイヤーの大切なパートナーとなるだろう。

もちろん、細かな音色が重要なジャズのために作られているから、ジャズシリーズと言っているだけで、ロックやポップスでも問題なく使用する事ができる。
もともとのポテンシャルでもロックなどのジャンルに使用する事が可能なジャズシリーズだが、重量のあるトゥルーフープを標準搭載している事も大きな要因だ。

曲の雰囲気に合わせて瞬時にスネアの鳴りを調整したいという人や、さらに細かなチューニングを実現したいという人に DW のジャズシリーズスネアドラムはおすすめだ。

ジャズシリーズを検索

サウンドハウスはなぜこれほどまでに安いのか?
サウンドハウスのドラムが激安すぎておすすめ!こんなに安いのはなぜ?

amazonやヤフーショッピング、その他の大手通販サイトとは比べ物にならないほど安くドラムが手に入るサウンドハウス

数万円違うことも珍しくない。それに加え還元ポイントも付与される。

今回はサウンドハウスの安さの秘密について徹底的に紐解いてみた。誰でも納得できる結果になってるはずだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事