REMO CS-114BA(CSコーテッド アンバサダー 14インチ)のレビューと評価

ドラムヘッドの大定番 REMO ( レモ ) / CS-114BA [CS-0114-10] CSコーテッド アンバサダー 14インチのレビューと評価をしていくぜ。

とにかくこのドラムヘッドは、いいとこ取りだと俺は思っている。

コーテッドの程よい倍音をドットがいい感じに抑えアタック音を強調。
アンバサダーで耐久性もぼちぼちだがCSドットがその耐久値をが上げてくれている。

丁度真ん中くらい(少しアタックより)に位置するこのドラムヘッドは誰が使っても間違いないオールマイティーなドラムヘッドなんだ。

CSコーテッド アンバサダー 14インチのスペック

※表がはみ出る場合は横にスクロール可能

価格 1580円~
メーカー REMO
厚み アンバサダー
付属 CS(センタードット)
属性 コーテッド
音質 タイト寄りのちょうど中間

めちゃくちゃいい

dansei3 REMO CS-114BA(CSコーテッド アンバサダー 14インチ)のレビューと評価
マガジン
ドラム歴は8年です。

この方の評価

  • (品質)
  • (拡張性)
  • (音量)
  • (耐久性)
  • (コスパ)
  • (オススメ度)

購入の動機

以前までは耐久性重視でREMOのエンペラーXなどを使用してましたが、ヘッドのセンター部以外は特に耐久性が必要だとは思わず、少し薄めが欲しいと思い、この【REMO ( レモ ) / CS-114BA [CS-0114-10] CSコーテッド アンバサダー 14インチ】を購入しました。

ドラムをやり始めた頃はコーテッドアンバサダーを使っていて音色も良く使いやすいとは思っていたのですが、ハードロック系のバンドで活動する事が多くなるにあたって、スネアの音をもう少し他のメンバーに聴こえ易くする工夫が必要になりました。

コーテッドアンバサダーだと私にとっては耐久性が心許無く、交換頻度が高く悩みのタネとなっていました。

それで極端にエンペラーXを選び、ガンガン叩いてはいたのですが、やはりもうちょっと乾いた感じの音が欲しいなという事で、CSコーテッドで一番バランスがとれていると感じたのが主な購入理由です。

 CS-114BAではこんな使い方ができる

センタードット部を叩いた時と、ドットの外を叩いた時に音の違いがあるので、アドリブ的なゴーストノートを使う時に都合が良いです。

センタードットのおかげで一般的なコーテッドアンバサダーよりアタックが強く耐久性もアップしているので、ハードロックに向いていると思います。

もうちょっと詰まった様なハードコア系の音が欲しかった場合はもっと分厚い、耐久性重視のヘッド(エンペラーXなど)を思い切り叩くスタイルが向いていると思います。

 

REMO CS-114BA(CSコーテッド アンバサダー 14インチ)のまとめ

全体的にバランスが取れていて誰でも扱いやすいドラムヘッドと言える。

しかしセンタードット(CS)がある分、少しだけ倍音はカットされ、ややタイトでハードが音量となる。
コーテッドアンバサダーでは何となく弱いな…。と思っているのであれば、少しロック寄りのこの CS-114BA に変えてみると良いだろう。

ハードヒッターに寄せすぎて、エンペラー X や CX114コントロールサウンドX に変えてしまうと、今度は逆にコンコンというような詰まったような音になってしまうので、ややオープン気味の音を求めているのであれば、やりすぎないように注意しよう。

おすすめの記事