今月のイチオシ!!
PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
  • シンバルの枚数を増やしたい
  • シンバルの持ち運びはどうしよう

そんな悩みを低価格で解決していくれるのがPLAYTECHのシンバルケースだ。

kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
河村
俺もPLAYTECHのシンバルケースをいまだに使っている。

ではDCGとDCGWにはいったいどんなメリットとデメリットがあるのだろうか。

レビューと評価を解説していく。

結論から言えば、コスパが高い。頑丈である。

 

「DCG」「DCGW」の違いを比較

表で違いを比較

商品名 DCG DCGW
画像 kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大 kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
価格 4780円 6580
サイズ 22インチ 22インチ
大スペース 4枚入る 4枚入る
小ポケット 14インチ/3枚入る 14インチ/3枚入る
合計枚数 7枚 7枚
背面 大ポケット/キャスターなし 小ポケットキャスター付き
背面画像 kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大 kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大

 

サウンドハウスで検索

 

「DCG」「DCGW」はどっちがいい?

個人的にはキャスターがついていないタイプをオススメしたい。

その理由はDCGW(キャスター付き)の場合は。キャスターが付属していてとても便利だが、そのキャスターはDCGWにか運ぶことができない。
つまり、スネアスタンドやシンバルスタンドは手で持ち運ばなければならない。

ポイント!

DCG(キャスターなし)の場合は、シンバルケースそのものにキャスターはついていないものの、背面のポケットが大きいからたくさん物が入る。

そして、お金は余計にかかってしまうが、別途キャスターを用意することでシンバルケースだけではなく、スタンド類やスネアケースをも積むことができる。

したがって個人的にはDCG(キャスターなし)おすすめだ。

ちなみに俺はいまだにDCGを使っている。ちなみに購入したのは2007年。このころの値段はまだ3800円でプレイテックがZENNと名乗っている時期だ。

いまだに使えているということは、それくらいDCGは頑丈にできている証拠である。

 

DCGWの注意点はキャスターの故障

DCGWはキャスターと一体化しているからこそ、メチャメチャ便利。

しかしその反面デメリットもある。

それはキャスターの故障だ。

 シンバルケースとキャスターが一体型になっていることで、故障した際はただのプラスチックの重りと化す。

また取り外したとしても、取り付け部の部品が邪魔になる。

キャスターの故障の可能性があるくらいだったら、キャスターは別で用意した方が、利便性は上がると思っている。

大きめのキャスターがあれば、別の機材も一度に運ぶことができる。

kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
河村
あくまでもこれは個人的な思想であるため、参考の一部として考えてほしい。

 

シンバルケースDCG/DCGWのココがおすすめ

枚数が多く入る

他メーカーの同価格帯のシンバルケースと比較してみてほしい。

たとえばシンバルメーカーのジルジャンのシンバルバッグ(NAZLFZCB16)は16インチまでのサイズしか入らない。入れられる枚数も少ない。

また、TAMAのP-PAD CY Bag BK 18” (TCB18BK)は5000円程度で購入はできるものの、小ポケットがついていないから入れられる枚数が少なくなる。

ポイント!

その点、DCG/DCGWは大スペースにシンバル4枚に加え、小ポケットに小口径のシンバルを3枚入れられる。

 

安い

これだけ枚数を入れることができるDCG/DCGWだが、その安さも驚異的だ。

キャスターがついていないDCGに関しては4700円で購入することができる。

 

意外と頑丈なソフトケース

シンバル購入時にただ単にシンバルを入れるだけのペラペラなケースではない。

しっかりとシンバルを守ることができるクッション性がDCG/DCGWにはある。
仕切りもしっかりと厚みがあり、シンバル同士が干渉して傷つくのを防ぐことができる。

参考

俺は2007年から使用しているが、DCG/DCGWでシンバルを持ち運んで、傷ついたなんて言うことは1回もない。

また、クッション性があるから、シンバルが割れてしまったなんて言う事態も起きていない。

安いうえに、シンバルを守ることができる堅牢性があるのは、コスパが高い以外表現することはできない。

 

ポケットが便利

この価格帯で再度ポケットが前面、背面についているのはとてもありがたい。

前面のポケットにはハイハットだけではなく、スプラッシュシンバルなども入れることができる。
俺の場合はカップチャイムを複数重ね、ハット、スプラッシュを入れるという荒業で収納している。

ビニールに入れているから傷つくこともない。

背面のポケットにはシンバルクリーナーや、【TAMAのQC8シンバルメイトの予備】、【PearlのレゾリングRRG-35】などの備品を入れて持ち運んでいる。

無論、不具合が生じたことはない。

しかし入れ過ぎて破損してしまうかもしれないから、そこは自分の機材の形を考慮して収納する必要がある。

 

DCGは背負える

キャスターがついていないDCGの場合はひもがついている。

この日もが便利で、リュックサックのように背負うことができる。

しかし背面ポケットに物を入れ過ぎると背中が痛くなるから注意が必要だ。

kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
河村
DCGを背負っている姿もGOOD。その見た目は亀仙人の様でキュートだ。

 

DCG/DCGWシンバルケースのデメリット

ソフトケース

DCG/DCGWのデメリットとしてケーズがソフトケースであるという事だ。

たとえばバイクで持ち運んでいて、こけてしまった場合、かなりの確率でシンバルは破損してしまうだろう。

少しでもそのようなリスクがある場合は、ハードケースをオススメする。

ちなみに俺はバイクでDCGを背負って走っていた。こけなかったから問題はなかった。

kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
河村
しかし、背負うと横幅が広がってしまうから、絶対にすり抜けをしてはいけないよ。

 

ちょっと恥ずかしい

機材マウントが必要なアマチュアバンド業界で、このシンバルケースを持っていくのは結構恥ずかしい。

正直色味はすごくダサい。なぜ緑のような色にしてしまったのだろうか。黒であればかっこよかったのだが。

しかし俺には関係ない。

そんな奴は演奏で黙らせればいいし、ましてやこのコスパは捨てがたい。

 

24インチのシンバルが入らない

あまり24インチのシンバルを持っている人はいないかもしてれないが、持っている人に関してはデメリットだ。

24インチのシンバルは主にライドシンバルが該当する。

24インチのライドシンバルを持っている場合には、その相応のサイズのケースを別に用意しなければならない。

 

こんな人におすすめ

シンバルの枚数を増やしたい人

ドラムを長く続けていると、テクニックへの欲求もそうだが、要塞のようなドラムセットに憧れを抱く。

そんな時に行うのがシンバルの増設だ。

シンバルを増設するには、シンバルを購入しなければならない。
そこで多くの費用が掛かってしまうため、持ち運ぶときのケースにお金をかけることが難しくなる。

そこでPLAYTECH(ZENN)の「DCG」「DCGW」は役に立つ。

安くて多く収納できるこのシンバルケースは、要塞セットを目指すのに最も適しているといえる。

 

ブランドが気にならない人

TAMA、パール、ジルジャン、様々なメーカーからシンバルケースが販売されている。
どのメーカーも有名だから、どこへもっていっても恥ずかしくない。

しかし、このシンバルケースはプレイテックだから、なんだか笑われている気がする…。

kawamura PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースレビューと評価!安くて厚いからコスパ大
河村
俺にはそんなこと関係ないから、安いこれを使うのだが。

あくまでもこれは収納ケースであって、音質には全く関係ないということは覚えておこう。

ドラム詳しいニキの撃退方法はドラムのテクニックで圧倒することだ!

 

PLAYTECH(ZENN)「DCG」「DCGW」のシンバルケースのレビューと評価まとめ

おれは結構心配性だから、シンバルケースには様々な備品を入れて持ち運んでいる。

さっきも言ったようにシンバルメイト以外にも、チューブやシンバルアタッチメントの予備も入れていくことがある。

ただし、入れ過ぎに注意だ。モッコリに注意してシンバルケースに収納するようにしよう。

ポイント!

しっかり収納すれば、かなりのシンバルが入る。

それこそ、シンバルを個包装し、同じ仕切り内に入れてしまえばかなりの枚数収納することができる。

その際は重量がなく干渉しあっても傷つきにくい小口径のシンバルがおすすめだ。

初めてのシンバルケースにおすすめ。また、玄人でも全く問題なく使用することができる。

しかし見た目はダサい。
こればかりはプレイテックに改善してもらえることを願うしかない。

その見た目と引き換えに大きな利便性を手に入れられる「DCG」「DCGW」だ。

サウンドハウスで検索

サウンドハウスはなぜこれほどまでに安いのか?
サウンドハウスのドラムが激安すぎておすすめ!こんなに安いのはなぜ?

amazonやヤフーショッピング、その他の大手通販サイトとは比べ物にならないほど安くドラムが手に入るサウンドハウス

数万円違うことも珍しくない。それに加え還元ポイントも付与される。

今回はサウンドハウスの安さの秘密について徹底的に紐解いてみた。誰でも納得できる結果になってるはずだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事